当たる占い!評判の理由

当たるも八卦というお話

昔から「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という言葉があります。これは、占いは当たることもあり、当たらないこともあるのだから、あまり気に病むことはないのだという意味です。よく神社のおみくじなどを引いて、大吉に歓喜する人を諌めたり、大凶を引いて落ち込む人をなぐさめたりするときに口にしたりします。では、占いが当たるというのは、どういうことなのでしょうか。

 

☪占いの歴史⋆
むかしむかし、現在のように科学的な考えがまだ発達していない頃、人々の生活は動物とあまり変わりないものでした。生きて行くためには、自然の中で自然と共存することが大切でした。朝になれば太陽が昇り、雨が降ることもあれば、風が吹くこともあり、それは人間の力ではどうすることもできないことでした。ただ、一定の法則に従って起きる自然の事柄を、感覚で把握する人が現れるようになります。その人は他の人よりも早く嵐が起きる前兆を感じることができたり、病気に対しての対処の仕方を正しくできるのでした。こうした人は呪術師として、人々の集団の中でも、その集団の長と同じくらいの敬意を払われる存在でした。そして、そういった人々は夜になると空に光る星を眺めて、占星術を編み出したり、亀の甲羅や草木など、また水晶などを使って、物事を占いその人が居る集団のために最善の結果となるように導きました。こうした人々の占いはよく当たるものだったようです。それは、日々の生活のことでは種をまく時期であったり、戦争であれば敵を制圧するための戦法であったりします。やがて歴史とともに占いは科学によって解き明かされるようになります。

 

☪占いの種類⋆
現在では、占いの種類は数え切れないほどたくさんの種類になっています。星の動きを占いに反映させるものや、タロットカードなどの道具を利用して占うもの、またその人の名前の画数から占うもの、そしてその人の生まれた年月などから占うものなどさまざまな方法があります。占いは、日々の生活の中でのヒントとして、また人々の暮らしのアクセントのような存在として利用されることが大半です。ところが、世界の中ではとても大きな影響力を持っているところもあります。ある国は、その国の政治が占われた結果によって左右されるといった場合もあり、それはその国にとってたいへん大きな事態を生じさせるために、ほんとうに当たるということが求められます。こういった、大規模な占いもあれば、最近はいろいろなタイプのものがあります。血液型のA型・B型・O型・AB型のどれに当たるかによって性格を占うものや、好みの食べ物や飲み物によって占うものなどがあります。カジュアルなタイプの占いは、話題のひとつとして楽しむこともできるので利用するのも悪くありません。

 

☪当たる占いに出会うために⋆
「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という言葉があるように、占いはどんなふうにも取ることができるのです。占ってもらったことを鵜呑みにすることが幸せとは限りません。自分にとっての道をもう一度よく見直して、ほんとうに良いと思う生き方に反映することで、占いは生きてくるのです。例えばあなたは怪我をすることが多いと言われれば、怪我をしないようにできるだけ気をつけて過ごすようにしなさいという意味であって、必ず怪我をするということではありません。その人にとってウイークポイントとなることを教えてもらうことで、人生の上で危険な方向に進まずにすんだり、より安全な道を進むことができるのであれば、占いはたいへん良いものだと言えます。当たるというのは、こうして占いによって与えられた指針を自分にとってプラスになるようにできるかどうかにかかっています。占いにはさまざまな種類がありますが、どれもより良い未来を求めて生まれたものです。占う人と占ってもらう人の善意が交差して生まれる結果は、しあわせへの道を指し示しているのです。

Copyright(c) 2017 当たる占い!評判の理由 All Rights Reserved.