当たる占い!評判の理由

占いは当たるのでいいことだけを信じよう

当たる占いを探すよりも、占いは当たると信じていいことだけがかなうと思っていれば、いいことばかりフォーカスするわくわくした新鮮な毎日にかわるはずです。当たるか当たらないかはスパンによっても状況や環境の変化、特に心境の変化によって見方が変わってきます。占いを信じていない状態では何を言われてても深層心理で否定してしまうので、それくらいならいいことだけが叶うのだと信じることがおすすめです。

 

☪当たる占いとは⋆
当たる占いとは占い好きの人にとっては雑誌のページをあれこれ読んだり、無料サイトを試してみたり、有人鑑定をちょくちょく訪れたりして、占いが好きだからこそ苦にならず、当たる占い師を探し当てることができるようになります。当たっているかどうかは占い師の実力にも左右されますし、言い方や態度によっても受け止め方が変わってくることになるので、お互いの相性がよくなければ言われたことが記憶にも残らず、感じが悪いなと思うだけで鑑定時間が終了してしまうこともあります。慣れてくると自分のフィーリングにあったものを見つけるのがうまくなってきますが、ある程度は失敗もしないと比較の対象になりませんので、自分のとっておきの鑑定をしてくれる人を見つけるまでには右往左往しなければならないことになり、ようやく見つかった場合にはこの人は当たると自信を持って言える人になるのです。鑑定に興味がない人や必要がない人にとっては当たるかどうかは関係なく、意味のないものでしかありません。しかし無意識下に働きかけることになり、影響が全くないとは言えませんのでいいことだけをイメージトレーニングすることは信じる人にも信じない人にもおすすめの方法です。

 

☪当たる占い師は悪いことをダイレクトに言わない⋆
人から言われたことで傷ついたり、怒ったりしたことは気分を良くしてくれた時よりも記憶に残りやすいといわれています。癖になってしまうと何度も怒りやキズを掘り返してしまい、考え込んで次のステップが踏めなくなってしまう可能性もあります。当たる占い師というのは物事をずばずばと言い当てる人ではなく、やんわりと注意をしてくれたり、物の見方を変えるようなアドバイスをしてくれる人です。人間性が深く、信頼性が高くなければ言われても何とも思わないことになりますので、占い師のバックグラウンドや取り組み方にもカウンセリング力の実力が影響することになります。本当に当たる占いというのは、直近ではなんとも思わないのですが後になってみてから、あれはこういうことだったんだと腑に落ちることが多いものです。即座に当たらないと判断するのではなく、ある程度のスパンを区切ってから考えてみることがおすすめです。まったく当たらないと思っていた占い師のところへ数年経過してからふらりと訪れたりする場合は少なくありませんし、近くに行く機会があった時に立ち寄ってみたくなるような気分にさせてくれるものです。もちろん占い師のほうが何を言ったのか記憶にありませんから、それも信頼感を感じさせてくれます。

 

☪当たる占い師を探したいなら⋆
自分の好みやフィーリングのあった占い師を探すのは、数も多いですし縁もありますのでなかなか大変です。特に有人鑑定の場合にはサロンなどへ行かなくてはならず、費用もかかることになります。手っ取り早く当たる占い師を探したいのなら、雑誌の特集がおすすめです。編集者や出版社では独自のルートで当たる占い師をピックアップして記事を掲載したり、占いを特集したりします。特に年間占いの発売される12月、4月、下半期で発売される6月の特集号はおすすめです。雑誌の場合には後から読み返すことができますので、実際に当たっているかどうかをチェックできます。変化のある時期を明確にしているので、多少ずれがあっても当たっているかどうかがわかるようになっています。当たると評判の有名な人ばかりを特集していますし、文章になっているので読みやすさや感じ方も自分にあっているかどうかを判断しやすくなっています。人気のある人は全国を回って鑑定していることも多いですし、個人鑑定を申し込んで予約をすることができるようになっています。定期的に相談をすることができる相手を見つけておくことはいざという時に頼りになるはずです。

Copyright(c) 2017 当たる占い!評判の理由 All Rights Reserved.