当たる占い!評判の理由

占いは当たるよりも重要な使い道があります

占いをする時は何か「迷い」がある時ですが、当たるコトに拘りすぎて本来の利用方法が見えなくなっていませんか?どうしたら有効に利用できるのか考察していきたいと思います。占いは朝のテレビ番組内でやっているのしか見ていないという方は非常にもったいない利用方法です。自分の未来を切り開く重要なポイントだと考えるべき時です。

 

☪占いの歴史と当たる意味⋆
古くは西洋の占星術が占いの起源とされていますが、天体の動きに従って天災や時間を把握する事に利用されてきました。占いが当たる意味としては防災に繋がりますので、近い将来起こりうるであろう災害に備えをする事に重要な意味合いがあったのです。現在は科学の発達と共に災害を予知する役割は交代しましたが、「行く末に迷った時の道標」として様々なシーンで使われています。日本では占星術よりも月の満ち欠けや手相など経験から導き出される統計的な占いが多いですが、中には卑弥呼を彷彿とさせる手法があり、スピリチュアルな方法がもてはやされています。方法を正しいかどうかを判断する事は不可能ですが、当たるかどうかを判断するのは自分自身です。結果をどう受け止めるかどうかは自分の判断に委ねられますので、どの種類が良いとは言い切れません。またどんな占い師が良いのかは相性もありますから難しい問題ではあります。相性とはスピリチュアルな言い方をすれば周波数が合うとでも言いますが、素直に話や結果を受け止める事が出来る相手です。自分で探す以外に方法はありません。

 

☪占いの種類と結果が当たるとは?⋆
日本独特の方法に血液型占いがありますが、他の国では血液型によって個性は見出せないとされていますので本格的な方法とは言えないようです。日本の占いの多くは中国の影響を受けており、易や四柱推命・風水などが昔から信じられており非常に複雑で難しい方法です。西洋的なタロットや水晶・ダウジングなどは方法さえ掴めば経験がなくても出来る場合があります。特にタロットカードは子供でもよく当たると評判が立つほど生活に浸み込んでいます。結果が当たるかどうかよりも重要なのは「迷った」時の道標をどう示してもらえるかで、どんなアドバイスを話してもらえるかが重要な鍵になります。当たるコトに拘ると本来の目的を失う結果にならないように、まずは自分がこんな悩みを抱えていると話す事が大事です。遊びで前世が何か知ったり、大まかな性格を知る事は楽しいですから楽しい気分になる為に行う方法もあります。使い分けるコトで人生を楽しむ事を忘れないで欲しいです。嫌な事を言われそうで信じない事にしている方もいますが、第三者の意見が欲しい時に利用する方法もベターです。

 

☪当たる占いの捜し方⋆
方法が多数ある事はご存知だと思いますが、当たる方法を探るには目的によって使い分ける必要があります。何を知りたいのかが目的に当たりますが、自分自身の行く末か、現在の状況の顛末なのか人間関係についての悩みなのか様々あります。当たらないよりは当たる方法を試したいと思うのが人情ですが、自分の近い未来を知りたければタロットカードが有効で、遠い未来を知りたいなら四柱推命など運命を司るような方法が効果的です。単なる相性占いであれば、星占いでも大丈夫ですし流行している動物占いでも良い訳です。協力者がいるのか、このまま進んだらどうなるのかアドバイスが欲しい時に極端に言えば動物占いでは答えは導き出せないからです。特に霊感などのスピリチュアルな方法の場合は話を聞いてもらわないと解決しませんから、目的に合った方法を自分自身で探すしかないのです。占い師との相性の善し悪しは、個人差がありますので他の人には良くても自分には合わない場合が多々あり、霊感などは特に守護霊などの相性もあります。色々な方法を試して見る事が重要です。

Copyright(c) 2017 当たる占い!評判の理由 All Rights Reserved.